どうも、花月です。

★考え方の重要性についての動画になります♪


毎日憂うつな気分ではありませんか??


もしそうだとしたら、あなたの考え方に原因があるかもしれません。

実は毎日が退屈で、生きている感覚すらない人は残念ですが多いです。

そんな、だいたい同じ毎日を過ごしているのでしたら、何か『目標』を持つといいです。


では、詳しくお話します。
よろしくお願いしますね。


明確な目標

いきなり重要なことからお話しますね。


「目標」ではないですよ。
『明確な目標』だということに注意してください。

仕事を例にすると、「給料を増やしたい」…これは目標と言うよりも望みですよね。


では、明確な目標とはどのようなものか?

それは『独立して今の20倍の富を得る』

このようなものです。


明確な目標がなければ、人は目指す場所がないので何にも到達することはありません。


小さな目標もあります。

が、『明確な目標』とは、ゴールまでにある小さな目標の数々を、すべてまとめて包み込める大きな目標のことになります。

人生を変えたいのなら、将来達成したいと思えるくらいスケールが大きくて、またハッキリとした目標設定が必須です。


具体的には

「私の成功とは=◯◯を達成することなのだ!」


このように断言できる目標。

このような願望を掲げないとあなたは心の奥から奮い立たないでしょう。


一歩踏み込んだ努力

人生では誰もが自分にやるべき作業だったり仕事があります。

その業務が終わればいい!…と満足するのではダメです。


いつでも、自分に期待されている内容よりも多くのことを自ら行なう姿勢が大切です。

さらに条件を付けますと、あなたに課せられた業務をする際には、進んで楽しく行なう必要があります。


近年では、自分の仕事に「プラスアルファ」の努力をする人は少ないです。

逆に自分に課された仕事すら怠っている人が非常に多いです。


仕事の場合、下の層に行くにつれて監視の手が届かないことや仕事意識の低い人が多いため「プラスアルファ」の弊害になりやすい。

収入を得るために自分に課された仕事さえ拒否するのは、給料ドロボーと思われても仕方ありません。


これは、社会の「罪」と言えるのではないでしょうか。


精神のコントロール

人間は感情豊かな動物です。

精神のコントロールとは、湧き出るような不純物の感情を完全に調和させます。


『明白な目標』に向かい到達するまでにある障害を取り除く効果があります。

なので、精神のコントロールは目標達成には欠かせません。


『明白な目標』を目指して進んでいるときにでも、迷いというものが存在します。

しかし、その迷いの最中でも「精神のコントロール」ができれば、迷いすら目標に向けての大きな力に変化するのです。


信念

信念を現実化させるのです。


信念を強固なものとし、「求めれば、信じれば、手に入る」という真実を覚えておいてくださいね。

ここで言う信念とは、頭の中だけで考えだし、実際には役に立たない理論や考えではいけません。


現実的なものである必要があるのです!!


自己規律

自己規律は、自身の思考と感情、行動や意思決定を成功するために自らをコントロールして律することです。

つまり、自身の心の中に発生する誘惑や怠け、優柔不断を抑えこむ力です。

自己規律をもっと簡単に言えば、セルフモチベーションスキルということですね!


思考

思考はあなたを変えることができます。


人間は自らの意志で運命を決定することが可能です。

理想の将来を自らの力で築きあげる脳力がある!!…ということです。


そして、自らの選択で目標を選ぶ力があるのが人間です。

意識というごく当たり前の行為が、どれほど強い力を持っているのか?…冷静になり認識をしてください。


思考を無限大です。

今あなたに、不安や恐怖がありましたら、乗り越えるのは今なのです。


人間はこれ程素晴らしい脳力があるにもかかわらず、悲しく・失敗ばかりの人生を送っているのが現実です。

では、なぜ?…素晴らしい能力があるのに悲しく・失敗ばかりの人生なのでしょうか?


それは、「自分の思いどおりの生き方をするのが簡単だと気づいていない」ためです。

思い込んでいるのです、マイナスイメージの生き方を。


そして、『考え方はあなたを変える』を本当の意味で理解できていないからです。


世の中の成功者たちは、成功者になるべくしてなる考え方をしていたのです。

考え方はあなたを変える』…これを忘れないでくださいね。


マイナスイメージの考え方を常に持っていれば、当然それ相応の人生になっていきます。

逆に、成功や富裕、目標の達成を常に真剣に考えていれば、これらを手にするのも時間の問題と言えます。


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。