どうも、花月です。

★打たれる覚悟についてのマインドセット動画になります♪


格闘技では、ダウンするか?否か?…これは、打たれた瞬間の「気合」で別れるとされます。


打撃を受けた際に、打たれる覚悟が上回っていれば倒れないということです。

逆に打撃を受けた際に、打たれる覚悟があるレベルに達していないとダウンするという話です。


では、もう少し突っ込んだ話をしますね♪
よろしくお願いします。


打たれる覚悟で挑戦するとは?


先ほどは格闘技の話でしたが、他の事にも応用されています。


★ネットビジネスを例に考えてみます。

①打たれる覚悟で挑戦する人
②打たれる覚悟がなく挑戦する人


順にみて行きましょう!!


打たれる覚悟で挑戦する人
※ここでは師匠(メンター)がいないことが条件です。

こちらはネットビジネスを始めて、すぐに結果が出ないことがわかっている人です。


ネットビジネスの中では稼ぎやすいトレンドアフィリエイトでも、いくつかの壁を超える必要があります。

で、壁がやってきたときこの人は精神的にダメージを受けますが、これは想定内なので問題ありません。


このような人はモチベーションの持続力が優れていて、作業を継続することができます。

楽して稼ごうと思っていないので、壁にぶつかっても「試練」と捉える事ができるので倒れません。


また、日々の作業でも「今日はサボろうかな?」という誘惑にも強く、多くの壁が現れても倒れないので前進し続けます。


この状態は、とても強く「絶対に負けない!」などの言葉で自己暗示がかかっている人も多いですね^^



打たれる覚悟がなく挑戦する人

この場合は、突然想定外の壁が目の前を塞いだとき「これは無理だ!」と精神的な弱さが出てしまいます。

また、例え今回は壁を超えることができても、次にやって来るもっと大きな壁にぶつかると倒れるでしょう。


ビジネスとは壁を越えていくものです。

お金を稼ぐという行為には、何かしらの代償を捧げる必要があります。


打たれる覚悟がなく挑戦する人は、ビジネスを簡単に考えすぎているか、「自分も稼げるはず!」と思い込んでいる人が多いですね。


両者の大きな違いは「覚悟の量の違い」と言えます。



大袈裟に例えると↓

エベレストの山頂を目指している人は、多くの困難(壁)があるのを知っています。

しかし、困難は想定内ですのでうまく対処ができます。


逆に、何も考えずにエベレストの山頂を目指す人の場合、状況は想定外ばかりです。

その為、「俺もう帰る!!」ということになるのです(笑)

倒れるワケですね^^;


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。