どうも、花月です。

★『守破離』についてのマインドセット動画になります♪


ネットビジネスで稼ぐには、
「守破離(しゅ・は・り)」が大切です!!


で、「守破離」って何??


…このように思う人もいるでしょう。
何かの技!?…みたいな^^;


そこで今回は、「守破離」とは何か?なんで、ネットビジネスと関係があるのか?…これらについてお伝えしていきます。


では、さっそく始めましょう。
よろしくお願いします。


守破離とは?

守破離とは、初心者が上級者に成長していく3つの段階を「守・破・離」と現した言葉のこと。


守破離の始まりは江戸時代で、茶道の修行段階で使用されていたんです。

柔道、空手などの武道以外にも、書道や歌舞伎の世界でも語り継がれています。


「守」


「守」は師匠の教えを守り、基本の『型』を身につける段階を指します。

『型』とは、その道を極めようとする多くの先人が試行錯誤して、無駄をなくして出来上がったノウハウのことです。

どの分野であっても、基本となる『型』が確実に存在するワケですね。


「守」の話に戻りますが、この段階が一番重要となります。

「守」とは、師匠の教えを素直に守ることです。
で、師匠の技術を「まねる」ことから始めていきます。


特徴は、とにかく基礎稽古のくり返しで基礎が日常化されるまで続けます。


んで、何をやっても続かない人って多くいますよね?

そうなんです、この「守」の段階とは単純作業のくり返しでつまらないのです。

ボクシングでいうと、早くスパーリングをしたいのに、毎日基礎トレーニングの体力づくりの時期ですね。


しかし、「守」とはあなたの原点と言えます。

  • サラリーマンも「守」から始まり
  • オリンピック選手も「守」から始まり
  • アフィリエイトだって当然「守」から始まります

師匠の選択を間違えた場合は除きますが、ネットビジネスも「守」の段階で基礎知識を確実に身に付ける必要があるのです。


ネットビジネスで使用するパソコンが使えない、とか
アフィリエイトしたいのに文章が書けない、とか
人に教えるスキルがないのにコンサルする、など

無理ですよね?【常識です】


なので、ネットビジネスでも、この「守」は絶対要素となります。


「破」


「破」とは、「守」で型をマスターした次の段階です。

「守」で身につけた基礎知識(技術)を破って応用へと進みます。



モノには順序が存在します。

「守」があってこそ「破」が成り立つ仕組みです。



師匠がいない状態や教えを守れない人は、自己流に走る傾向があります。

しかし、我流が遠回りとなるのは歴史が物語っています。


自分では一生懸命努力をしているのに、スキルが上らない人の多くは「守と破」の順番が間違っていることが多いですね。

「破」とは、『型』を破りますので「守」で『型』をマスターしていなければ、破る型がないので成長できなくて当然なのです。

これを「型なし」と呼びます。


ネットビジネスでも多く見られるのが、この「型なし」です^^;

ビジネスの成功にはオリジナルが必要と考え、基礎となる「守」を飛ばして「破」から始める人がいます。


例えば、初心者がいきなり月100万円を稼ごうとする感じです。

しかし、初心者で月10万円も稼げない状態で、月100万円稼ぐのは無理があります。

そのため、多くの人が挑戦して失敗をしているのです。



「破」の段階は「守」の応用です。

応用(独自性)とは、丹念に作り上げた基礎の上に積み上げるものとなります。

つまり、その道のプロになるには、その道のプロの師匠から『型』を学んで、まねることを避けてはいけないのです。


「離」


「離」とは、師匠から「守」を教わりマスターして「破」で応用(独自性)を生み出し、新しい軸を持ち師匠から離れていく段階です。

完全に師匠から離れ、これまでに学んだことを生かして独自のオリジナルを生み出し訓練していきます。

そして「離」を極めたら、再度違った角度から「守」を学びます。


例えばアフィリエイトでしたら、トレンドアフィリエイトで「守破離」を一周して完成させます。

そして、次は他のアフィリエイト手法を「守」の段階から学ぶということですね!


まとめ

今回は、ネットビジネスでも重要な「守破離」についてお話してきました。


いかがだったでしょうか。

タイガー・ウッズやイチローは、天才肌とも言われますが、努力なくしてあの場所には到達していないということです。


その道のプロになるには、きちんと「守破離」を守り心や体を鍛えていく必要があるのです。

あなたもネットビジネスで成功したいのであれば、確実に「守破離」を徹底して、自分の軸を持てるようになりましょう。


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。