トレンドアフィリエイトの記事を外注化しようとしていませんか??

africam-safar

…なるほど、あなた図星でしたか!?

でしたら、無料で良いツールがありますよ!


今回は無料で使える、「クラウドワークスのコピペチェックツール」をご紹介しますね。


では、さっそくみて行きましょう~♪
よろしくお願いします。


有料ツールと無料ツールは違う??

僕も数種類のコピペチェックツールを使いましたが、やはり有料に比べると無料のものは「完成度」が低い傾向があります。


■有料のコピペチェックツールは↓

【影武者】
僕は使ったことはないのですが、歴史があり完成度の高さには定評があります。

なぜ、使わなかったの?…それは高いからです^^;
月額4,320円(税込)で月に100回の制限があります。


【コピペチェックExpressⅡ】
このツールは買い取り型ですし、簡単で料金もリーズナブルですね。

機能性では、軽くてサクサクと動作するので、記事をまとめてコピペチェックしても問題ないです。


で、無料で一番使えるコピペチェックツールはどれ??

…という訳で、おすすめは次の章で発表します♪


クラウドワークスのコピペツールは使える!


正解は「クラウドワークスのコピペチェックツール」です。


このツールは無料ですが、操作が簡単で精度も高いので、有料のコピペチェックツールは、ちょっと・・・。

という人にオススメします。


クラウドワークスのコピペチェックツールの使い方


まずは、【クラウドワークス】で無料登録をします。
http://crowdworks.jp/


★こちらの記事も登録の参考にしてください。
アフィリエイトで記事外注!クラウドワークスへの登録と進め方!


登録すると、無料で良いコピペチェックツールが使えますので、とくに記事外注ライターさんを雇っている場合は必須ですよ!!


で、無料登録が完了したら下のリンク先をクリックして、ツールを使える画面に行きます。

【コピペチェックツールβ版利用申し込み】
https://crowdworks.jp/copipe_entry

コピペチェックツールβ版利用申し込み
※クリックで拡大します

赤枠の中のリンクをクリックすれば「コピペチェックツールβ版」が使用できます。

クラウドワークスのコピペチェックツール
出典:クラウドワークス
※クリックで拡大します

上の画像の「1&2」は簡単ですよね?

で、『流用元と思われる記事を表示』には、コピーしたと思われるサイトが表示されます。


自分の記事をペーストしてチェック開始をすれば、あなたのサイトが表示されます。

この機能はありがたいですよね?
コピーしたサイトがわかるので、すぐにチェックできます。


また、その右にある『コピペ率パーセント表示』の数字も参考になります。

あなたのサイトの記事の一部を入れると、あなたのサイトが表示されて「高いコピペ率」が表示されます。


個人的に試した結果ですが、この場所の数字が50%以上になる場合は、かなり危険かもですので必ず目視で確認してくださいね。



んで、左側にある『流用元になっている可能性がある記事をパーセントと共にリスト表示』ですが、ここの数字「%」も参考になります。

普通に記事を書いていれば、おそらくですが「40%以上」にはならないのでは??

…と感じております。


最後に『流用テキストだと思われる部分をマーキング表示』には、パクってきたと思われる文に色が付いて知らせてくれます。


大きな特徴として!!


やはり、記事内容がどの程度似ているのか?…これを「%」で表示してくれるので、視覚的にも簡単に理解できます。

また、簡単なリライト記事にも対応しているようですね。
※公式サイトでもこの様な表現を使っています。


記事外注ライターさんにも教えよう!

このクラウドワークスのコピペチェックツールは、ぜひ外注ライターさんに教えてあげましょう。


そして、ライターさんが記事を書いたら、自分でチェックしてもらうことをお願いします。

あなたも同じクラウドワークスのツールを使うのですが、外注さんには以下のように言っておきます↓↓


『記事が書けましたら、この無料ツールでコピペ率をチェックしてくださいね。私の方には、有料のツールがありますので、こちらで再確認をします!』


…このように言っておくと、記事外注ライターさんのコピペ防止に繋がりますし、コピペに非常に厳しい人だと思ってもらえますよ。

ちなみにですが体験済みです!!


まとめ

今回は、最近多いトレンドアフィリエイトの記事外注ライターさんの記事をコピペチェックするツールをご紹介しました。


いかがだったでしょうか。

確かに、有料版の商品は良いものが多いのですが、クラウドワークスのコピペチェックツールは無料では最高峰のものだと思います。


ぜひ、記事外注化をする際には妥協しないでコピペ記事の納品対策をして行きましょう♪


で、前の章の↓↓

『記事が書けましたら、この無料ツールでコピペ率をチェックしてくださいね。私の方には、有料のツールがありますので、こちらで再確認をします!』

・・・これを外注ライターさんに伝えて実践(あなたもクラウドワークスのコピペチェックツールを使用)すると、かなりの確率で、ひどいコピペ記事は納品してきませんね^^


今回はこれで終わりです。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。