All In One SEO Packの初期設定ってどうやるの??

All one seo pack


…こんなお悩みありませんか?
ありそうですね、お悩み^^;


で、実はこのプラグインの設定は難しいワケなんです。

僕は初めて設定した頃、色々と調べてブログのタイトルを「All In One SEO Pack」にしようかと本気で考えたくらいです。。


この「All In One SEO Pack」は、名前にSEOの文字が入っているようにWordPressのSEO対策のプラグインです。


賢威などのテンプレートは、最近では「All In One SEO Pack」に近い機能が標準で装備されているため使わなくても良い!!

・・・という意見もありますが、僕は現在のところ「賢威」の機能よりも『All In One SEO Pack』を優先させています。



僕の結論としては、プラグイン「All In One SEO Pack」はインストールしておこう!!

このようになります。


実際に多くの人が今でも使っているプラグインですので、インストールしておいて損はないでしょう。

特にSEO対策ができないWordPressテーマの場合は【必須】です!!


では、さっそく始めましょう~♪
よろしくお願いします。


All In One SEO Pack の設定方法

このプラグインは触りだすとキリがありません。


なので、初めに設定しておきたい重要な箇所をシンプルにご説明しますね。

この設定で僕はこれまで不自由していないので、問題はないはずです!!


では、プラグイン『All In One SEO Pack』をインストールします。


WordPressの管理画面>「新規追加」>「All In One SEO Pack」で検索してインストールし、有効化します。


★プラグインのインストール方法の関連記事です♪
WordPressのプラグインをインストール!3つの方法とは?


①ダッシュボードの「左メニュー」から『All In One SEO Pack』にマウスを置くと『General Settings』が出現するのでクリック。

WordPressのダッシュボード


『Canonical URLs:』のチェックを確認。
※デフォルトではチェックが入っているはず
③『Use Original Title:』には「利用」にチェックを入れます。

All In One SEO Pack


④「ホームタイトル」&「ホーム詳細」&「ホームキーワード」に記入していきます。
※あなたのブログの内容を入れます。
※画像の文章を参考にしてくださいね^^
※「ホームタイトル」は32文字以内で、狙っているキーワード左に持ってくるのが基本です。
※「ホーム詳細」は100文字程度で、あなたのブログがどういったブログなのか?…これを記入します。
※「ホームキーワード」は、あなたのブログで登場回数が突発して多いキーワードを入れます(3~4個程度)


home page settings


⑤↓↓
  • 「使用キーワード」=利用にチェック
  • 「メタキーワードとしてカテゴリーを使う」=外す
  • 「メタキーワードとしてタグを使う」=外す
  • 「動的に投稿ページ/アーカイブのキーワードを生成します。」=外す

3つのキーワードのチェックを外さないと、メタキーワードの自動生成が起こります。

メタキーワードが重複する危険性があるので外しておきしょう。


キーワード設定


⑥画像のように5つ全てにチェックを入れておきましょう。

NOINDEX設定


「設定を更新」をクリック。

設定を更新


これで基本設定は終わりです。

次は記事投稿の際の設定です!!


記事投稿の設定


記事を投稿する場合は、記事下にある『All In One SEO Pack』の3箇所を埋めていきます。


①下の画像の上から順に↓
  • 「Preview Snippet」…検索エンジンでの表示(プレビュー)。
  • 「Title」…記事タイトル。32文字以内で入力。
  • 「Description」…記事内容を凝縮したもの。キーワードをきちんと入れること。目安は120文字程度。
  • 「Keywords」…上位表示に狙っているキーワード。0~4個くらい。「,」で区切って入れます。

All In One SEO Packの記事投稿

以上で完了となります。


まとめ

今回は、プラグイン『All In One SEO Pack』の設定方法についてお伝えしました。


テンプレートに予め似た機能がある場合は、『All In One SEO Pack』を入れてもほとんど上位表示には影響しません。

また、設定を間違えるとキーワードなどが重複扱いになる可能性があります。

一度使っているテンプレートを確認してみてくださいね!!



特にこのプラグインは奥が深いので、まずはこの設定でWordPressに慣れてきたらSNSやサイトマップなどの設定も「あり」ですね。

ぜひ参考にしてください♪


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。