サイトマップどう作るんだ??

サイトマップ

…こんな悩みありませんか?

でも安心してください。


WordPressのプラグインを使えば簡単にサイトマップを設置できますよ。

サイトマップは、あなたのサイトの『目次』なんですね!!


なので、読者さんがサイトマップを見れば、あなたのブログの記事一覧を見ることができます。

本来でしたら、記事を更新する度に毎回手動で記事のリンクを貼る必要があるのです。


が、この『PS Auto Sitemap』というプラグインを使えば簡単に自動で生成されるワケですね^^

で、得られる効果として、読者さんのブログ滞在時間アップが見込めます。


また、ユーザビリティーの観点からも「サイトマップ」があると、せっかく来てくれた読者さんに不自由な思いをさせないで済みます。


では、さっそく始めましょう~♪
よろしくお願いします。


PS Auto Sitemapの設定方法はコレ!


初めにプラグイン『PS Auto Sitemap』をインストールして有効化する必要があります。

★こちらの記事も参考にしてくださいね♪
WordPressのプラグインをインストール!3つの方法とは?


①WordPressの管理画面>「設定」>「PS Auto Sitemap」の順に進みクリックします。

WordPressの管理画面


②画面を下までスクロールし、赤枠のコードをコピーします。

PS Auto Sitemapの設定


③左のメニューから「固定ページ」>「新規追加」をクリック。

固定ページの新規追加

④↓↓
  • 記事タイトル…サイトマップor目次などと付けます。
  • パーマリンク設定…「sitemaps」にします。
    ※カタカナの名前ではプラグインがうまく作動しないはず。
  • 記事本文…「テキストエディタ」にして、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。
  • 「公開」をクリックし、記事を公開します。

固定ページでサイトマップの設定


⑤次に固定ページを公開した際のURLを見ます。
⇒「/post.php?post=20&action=edit」の「post=◯◯」の数字を記憶します。今回は『20』ですね!

固定ページでサイトマップの設定

⑥「PS Auto Sitemap」の設定画面にもう一度戻ります。
「サイトマップを表示する記事」に先ほどの数字を記入します。(※重要)
⇒終わりましたら、「変更を保存」をクリックして設定は完了です!!

PS Auto Sitemapの設定


⑦ブログを表示して、サイトマップをクリックすると以下のような画面になりサイトマップが作れました^^

サイトマップが表示された


まとめ

今回は、ユーザー用のサイトマップを『PS Auto Sitemap』というプラグインで簡単に作成する方法をお伝えしました。


いかがだったでしょうか。

サイトマップはサイトやブログを運営するのでしたら、必須となります。


サイトマップがないと、せっかくあなたのブログに興味を持ってくれた読者さんが『俺もう帰る・・・』となりがちです^^;

なので、今回の記事を参考にしてきちんとサイトマップを完成させてくださいね。


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。