記事中にアドセンス広告を設置したい・・・。

アドセンスマネージャー

…こんな疑問はありませんか?


現在アドセンスのクリック報酬で稼いでいるサイトなどの多くは「AdSense Manager」というプラグインを使っています。

理由は、記事内に広告を入れた方がクリック率が高いからです。


また、スマホで見るとサイドバーは記事下に移動してしまいます。

なので、スマホからの閲覧が多い現在はやはり記事内に広告を入れた方がいいです。


で、記事中に「more」タグを設定すれば、その場所にプラグイン『Master Post Advert』を使うとアドセンス広告を入れることもできます。


クリック率が高いアドセンス広告の配置は、基本的に「記事冒頭付近」・「記事中」・「記事下」が鉄板です。


「記事冒頭付近」は「more」タグを設定して、そこにアドセンス広告を設置します。

そして今回は、「記事中」に『AdSense Manager』を使ってアドセンス広告を設置する方法をお伝えしますね^^


「記事下」に関しては、僕の場合はテンプレートに直接書き込んでいますよ。


では、さっそく始めましょう~♪
よろしくお願いします。


AdSense Managerのインストールと有効化


初めに『AdSense Manager』をインストールして、有効化します。

★関連記事があります♪
WordPressのプラグインをインストール!3つの方法とは?


AdSense Managerの設定と使い方


①WordPress管理画面>「投稿」>「Ad Units」に進みクリック。

WordPressの管理画面


②大きな赤枠の中に「アドセンスコードをコピペ」して「Import」をクリック。
※「スポンサーリンク」などの記載も一緒にします。

AdSense Managerの設定


③↓↓
「Name」=英数字で名前を付けます
「Display Options」の項目は全て『Yes』にします。
※そうでないと表示されないことがあります(僕もそうでした。)
「Save changes」をクリックします。

AdSense Managerの設定


④すると以下のような画面になります。
⇒これで設定完了です。
「Edit」をクリックすると内容を変更できますよ。

AdSense Managerの設定


⑤記事中にコードを貼る際には、[ad#決めたName]の形にします。
⇒名前が「co-1」でしたので、[ad#co-1]に変更し、記事中に記載するとアドセンス広告が表示されます。

⑥WordPress管理画面で先ほど作ったコードを記載して記事作成してみますね。

記事投稿画面


⑦きちんとアドセンス広告が表示されていますね!!

アドセンス広告表示


毎回手動でコードを挿入するの?


はい、毎回この短いコードを記事中に挿入します。

過去記事にも1つ1つ挿入する必要があります。


正直、面倒で骨の折れる作業ですが、一度設定しておけば、あとは毎回記事を書く時に挿入するだけです。

それと、「AddQuicktag」を使えば、記事投稿画面から1クリックで挿入できますので楽ですね。


★関連記事です♪
『AddQuickTag』の設定と使い方!便利に使って時間短縮♪


で、アドセンス広告の入れ忘れは痛いです^^;

記事を更新したら最後にもう一度、アドセンス広告がきちんと3つ表示されているかを確認しましょう。

※PC画面の場合はリンクユニットを3つプラス出来ます。


まとめ

今回はトレンドアフィリエイトには欠かせない、プラグイン『AdSense Manager』の設定と使い方についてお伝えしました。


いかがだったでしょうか。

クリック率を高めるには、記事内にアドセンス広告を3つ設置した方がいいです。

実際に僕もサイドバーのアドセンス広告を記事中に移したら、目に見えるほどクリック率が上がりました。


サイドバーはほとんどクリックされません^^;

ぜひ今回の記事を参考にして、アドセンス広告のクリック率を高めてくださいね。


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。