『ゾーン状態(自分自身に没頭)』で生涯自由に生きる花月たちのstory
~ 第三章(億) インターネットビジネス編 ~
濃い記事作成のすべて

ブログアフィリエイトの記事作成!書き方を「ゼロ」から解説

どうも、花月です。 

★ぜひ今回の内容を動画で「目と耳」からインプットしてください♪

ブログアフィリエイトの記事はどう書くの??


…こんなお悩みはないですか?

そこの、あなた!
図星ですか^^;

でしたら僕の記事がお役に立つと思います!!


今回は、「ブログアフィリエイトの記事の書き方」を1から詳しくお伝えしていきます。


では、さっそくみて行きましょう~♪
よろしくお願いします。

読者に読まれる記事を作成する方法

これから、ブログアフィリエイトの記事を書いていく上で、読者さん(ユーザー)に「読んでもらえる記事」の作成方法についてお話します!!


始めに押さえたいポイントは「3つ」あります。

1つずつ順にご紹介していきますね。


①基本は1記事1テーマ

「1記事1テーマ」というのは、1つの記事内に複数の話題を盛り込まないということです。

検索をしてきた読者さんに、キーワードの内容だけを記事にして提供するというワケですね!


例えば、読者さんが「ブロッコリー 栄養」というキーワードで検索をしたとします。

この場合は、「ブロッコリー 栄養」についての情報だけを提供すればいいのです。


で、間違いとしては、

「ブロッコリー 栽培」とか
「ブロッコリー 保存」など

このようなキーワードも一緒に記事に入れてしまうのはダメだということです。

ブログアフィリエイトの初心者さんは、1記事1テーマを守ってくださいね。


②記事の濃さ(質)

記事の濃さ(質)とは、簡単にいうと読者さんがあなたの記事を読んで納得したり、満足したり、問題が解決できる内容を指します。

そうです、あなたは読者さんが満足してくれるコンテンツを提供する必要があるワケです。


記事作成には時間をかけて、多くの情報源からリサーチをしてリライト記事とは一線を画す「オリジナル感」を出せるように努力をして行きましょうね^^


③わかりやすさ

記事を読者さんに読んでもらうには、わかりやすい(読みやすい)必要があります。


例えば、ウィキペディアの内容を熟読して理解するとしたら、とても大変でストレスがたまりますよね?

でも、もしウィキペディアが小学6年生でも理解できるくらい噛み砕いて、極力専門用語をなくして説明していたら、ストレスなく読めますよね!?


このように、基本は小学6年生でも記事内容を理解できるように、言葉の選び方や表現に工夫をして「わかりやすい」を徹底するべきです。


章をつける(見出し)
記事の構成ですが

  1. タイトル
  2. 冒頭分
  3. 章①(<h3>等のダグを使います。
    ※<>は半角で入力します
  4. 章①の解説や説明
  5. 章②(章①と同じ)
  6. 章②の解説や説明
  7. まとめ(終わりに)

このようにして作るのが基本であり、ユーザビリティーを配慮しても、やはりこのような記事構成が理想です。

※<h3>というタグは、章(見出し)で使います。
「<h3>章の言葉<h3>」のように挟みます。
本で言えば、目次のようなものが「章」となります。
本も目次がないと内容がよくわからないですからね^^;


基本的には<h2>から<h5>までのタグを使って、章を作っていきます。
※<hx>の「x」の数字が高いほど重要になり、使用頻度を下げます。


ブログアフィリエイトの記事を書いていく場合は、<h1>は1回で、<h2>は1~2回まで、<h3>以降は何度でも使って大丈夫です。

★関連記事もよろしければ^^
ブログアフィリエイトの記事を最後まで読んでもらう方法は?


まとめ

今回の記事では、ブログアフィリエイトの記事作成方法を始めから丁寧にお伝えしてきました。


いかがだったでしょうか。

記事というものは、始めはうまく書けません。

しかし、記事の骨組みをきちんと設計してから記事作成に取り掛かると、案外簡単にできるものですよ^^


で、ブログアフィリエイトの場合は、最低1,300文字以上で濃い記事内容にしてください。

濃い記事や差別化できる内容を盛り込むと、自然と文字数が増えてきますので。


でも、無駄に文字数を稼いでもいけませんので、きちんと要点をまとめて、それで1,300文字以上にしていきましょう。

記事作成に慣れてくると、1,300文字なんてあっという間ですので、実際には2,000文字以上の文字数になると思います。


ぜひ、まずは記事の書き方を学んで、そして記事をたくさん書いて腕を磨いて下さいね。


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. 五十嵐 より:
    花月さんこんばんは! 五十嵐です。

    今回も内容が濃かったですね。
    ここまで教えてくださるとは・・・。

    早速ブログを書いてみます。

    これからもよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください