ワードプレスのバックアップどう取るの??

バックアップ

…こんな疑問が聞こえてきそうですね。

それでは、万が一のために備えてワードプレスのデータベースのバックアップ方法を覚えましょう。


というワケで今回は、プラグイン『WP-DBManager』の設定・使い方、日本語化の方法をご紹介しますね。

このプラグインはワードプレスのMySQLデータベースのバックアップを自動的に行ってくれます。


また、データベースの最適化もしてくれます。

さらに、バックアップファイルをメールで送信する機能もあるので、設定さえしておけば安心というワケなんですね。


で、通常でしたらバックアップは、サーバーのデータをすべて保存すれば問題無いです。

しかしワードプレスなどでは、それとは別に「MySQLデータベース」のバックアップが必要となります。


何だかややこしいのですが、ワードプレスは動的サイトということで、多くのパーツから出来上がっています。

そして、そのパーツ類を管理する役割の人が「MySQL」と言えます。


なので、ワードプレスデータとMySQLデータベース、この両方ともバックアップを取ることが大切になります。

今回は指揮官的存在の「MySQLデータベース」のバックアップになります。


では、さっそく始めましょう~♪
よろしくお願いします。


WP-DBManagerのインストールと有効化


初めにこのプラグインをインストールして有効化する必要があります。

WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「WP-DBManager」で検索し、インストールと有効化をします。

★参考記事があります♪
WordPressのプラグインをインストール!3つの方法とは?


すると、

バックアップフォルダは書き込み可能ではありません
バックアップフォルダには、公衆に見えるかもしれません

このようなエラーが管理画面の上の部分に表示されます。

プラグインのエラー


「えっ!」やっちゃった?!って思いますが、出現するようになっていますので安心してくださいね^^

で、このエラーを消すにはバックアップフォルダー内の特定のファイル名を変更すればOKということになります。


では、やって行きましょう~!


使用するのはFTPソフト。
FTPソフトを使いファイル名を変更します。
今回は、利用者の多い「FFFTP」を使います。


初めに日本語版をダウンロード

このプラグインを日本語で使える設定をしていきます。

WP-DBMANAGER 日本語版


ダウンロードしたファイルは「解凍」しておきます。
デスクトップに置いておくとわかりやすいですね。


★関連記事です。
圧縮解凍ソフト『LhaForge』のインストールと使い方!

FFFTPとは?インストールと使い方はコレ!


①FFFTPを立ち上げます。
②右側から設定するドメインを選びます。

FFFTP


③「public_html」>「wp-content」>「plugins」>「wp-dbmanager」の順に進みます。
④先ほどダウンロードして解凍したフォルダを開いて、以下の3つのファイルをFFFTPの右側にドラック&ドロップしてアップロードします。

  • wp-dbmanager.pot
  • wp-dbmanager-ja.mo
  • wp-dbmanager- ja.po

↓↓ダウンロードした日本語ファイル
backup-db日本語版

FFFTPの右側にドラック&ドロップでアップロード。

FFFTPにダウンロード


⑤日本語化が完了。つづく


エラーを消す!


前の章の「⑤」の状態から始めます!!

①右側の「htaccess.txt」を左側にグイッとドラック&ドロップしてダウンロード。
※左上の赤枠内のアイコンで「Desktop」を選択するとわかりやすいです。

backup-dbの設定


②左側のDesktopの場所に「htaccess.txt」があるか確認して、あれば右側(アップロード側)の「htaccess.txt」は削除。

③右側(アップロード側)は、「ドメイン/public_html/wp-content」まで戻ります。

※名前の上の2つ並んだアイコンの左をクリックして戻ります。

④「backup-db」というフォルダがあるか、確認します。

ない場合には『backup-db』←のカッコの中をコピーします。

そして、右側(アップロード側)で右クリックして「フォルダを作成」をクリックし、名前は『backup-db』を貼り付ければOK。

backup-dbの設定


⑤先ほど左側(ダウンロード側)に作成した「htaccess.txt」の名前を『.htaccess』に変更。

※左側の『htaccess.txt』を選択して、右クリック>名前変更>.htaccess>OKと進んで名前を変更できます。

名前は正確に入れてくださいね!!

⑥名前を変更した『.htaccess』を左側から右側(backup-db内)にグイッとドラッグ&ドロップ。

backup-dbの使い方


⑦完了です。
エラーが消えているはずです。

万が一まだWordPress管理画面にエラーが残っている場合には、バックアップの設定をして行けば消えるはずです。


wp-dbmanager設定・使い方


①WordPress管理画面>データベース>「DBバックアップ」と進みます。

8


②GZIP圧縮は「はい」を選択し、容量を抑えましょう。
⇒「バックアップ」をクリック。

③バックアップ完了!!

バックアップ完了


バックアップのスケジュール設定


手動でのバックアップに加えて、スケジュールでの自動バックアップが可能です。


①WordPress管理画面>データベース>「DBオプション」に進みます。

WordPress管理画面


②バックアップの間隔を指定します。
とくにこだわりのない人はデフォルトでいいと思います。
しかし、心配症な人は毎日でも可!

デフォルトでは1週間ごとになっています。
また、GZIP圧縮は「はい」がオススメです。


バックアップの間隔


③メールが記入されていない場合は、メールアドレスを記入します。
※メールにデータ送信がいらない場合は「空白」にします。

メールにバックアップ


ちなみに、FFFTPの「/ドメイン/public_html/wp-content/backup-db」にバックアップが貯まっていきますよ。


以上で『wp-dbmanager』の日本語設定や使い方は完了となります^^


まとめ

今回は、データベースのバックアッププラグイン『wp-dbmanager』の設定や使い方、日本語化の方法をお話してきました。


いかがだったでしょうか。

ワードプレスを使っていると、まさか自分には・・・。と思いがちなのが人間です。

自分だけは大丈夫!!…と考えずにバックアップはこまめに取るようにしましょうね。


今回のプラグインは、ワードプレスのパーツ類を管理する指令塔である「データベースの」バックアップでした。

しかし、これだけではまだ不十分ですので、WordPress全体のバックアップも勉強してみてください♪


では、今日はこれで終わりになります。
最後までお読みいただいてありがとうございました。